アマゾンが、経営難にある家電販売店チェーン「ラジオシャック」を・・・

280px-TRS-80_Model_I_-_Rechnermuseum_Croppedアマゾンが、経営難にある家電販売店チェーン「ラジオシャック」(RadioShack)の一部店舗を買収する方向で協議中と報道されている。

通販でのみ業績を伸ばしてきた業態から、実店舗を持つ意味合いは何なんだろうと疑問視する自分がいるのではあるが、ラジオシャックという呼び名に懐かしさを感じる。
高専時代に電算室に導入されたパソコンが、TRS-80というモデルであり、「タンディラジオシャック」の略称であったように記憶している。 ウキィペディアによると、TRS-80とは「タンディ・コーポレーションが製造し同社のラジオシャック店で販売したマイクロコンピュータのいくつかのシリーズのブランド名」とのことであるので、懐かしいと感じたことは正解であったようです。

写真もあったので転載してみましたが、日本向けのモデルであったので、写真とは少し形が異なるように記憶している。

当時は、パソコン同好会なるものを作っていて、時間があると電算室に通っていたので、いろろいと遊ばしてもらった記憶がある。 とは言っても、当時は8ビットのCPUで、ディスプレイもモノクロで文字データのみしか表示できなかったのと、パソコンというと当時はNECかシャープが主流だったので数少ないパソコン関連の雑誌でも取り上げられることがほとんどなかったので、自作のBASICプログラムでしか遊ぶことができなかったと記憶しています。

この機械で頑張った記憶といえば、高専祭。 来場者に占いを楽しんでもらおうと、雑誌で見つけたシャープのパソコン用の四柱推命のソフトを、移植したことです。 数カ月の単位で準備して何とか動くところまで移植できたけど、前日になって、四柱推命一つじゃ寂しいねと、「ムー」という雑誌から星座占いを拝借して、条件分岐のプログラムで印刷できるようにした誕生日占いの方が評判が良かったのは、なんとも苦い思い出です。 って、雑誌のまるまるコピーっていけないことでしたね。 35年位前のことなので時効ということでご勘弁ください。

この当時のパソコンでは、漢字を使うことができなく、日本語は、カタカナで書くしかなかったのと、現在のようにローマ字かな変換の技術もなかったので、キーボード上のカナを拾って入力していたなごりで、ローマ字入力が苦手なのは、愛嬌としてお許しください。

 

カテゴリー: What's is IT? | コメントする

IE狂騒は誰が仕組んだのか?

 マイクロソフト社が、米国時間の4月26日(日本語では28日)に発表した、「Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される」というセキュリティ警告が大騒ぎの発端なのですが・・・。

 この手の発表は、今まで何度も繰り返されてきているのに、なぜ今回だけこんなにも大騒ぎになったのか、とても不思議な気持ちでいっぱいです。

 マイクロソフト社が5月1日に、サポートの終了したXPを含めて対策ソフトを発表したことで、騒ぎも一段落したのでしょうか? ゆきひろは、通常は Google Chrome を使うことにしているので、IEが何時、自動更新されるかを確認するために、放置しておいたら、今日になって更新が完了していることが確認できました。

20140505-1

 ちょうど、IEでないと作業できないサイトでの操作をする日だったので、更新が完了していて一安心です。

 なぜ、こんなにも大騒ぎする必要があったのか?

 大騒ぎを演出した黒幕はいったい誰でしょうか?

カテゴリー: What's is IT? | コメントする

無線ルーターの中継設定

いろいろと、インターネットの接続設定のご相談を受けることがあるのですが、
今回は、離れに入っている光回線で、母屋の2階からインターネットしたいというご希望です。

一番確実なのは、有線で離れと母屋を結ぶことなんですけど・・・
実際に線を張るにも、いろいろと面倒そうな事案です。

そこで、
無線ルーターのリピーター機能というものを活用しようということになりました。

1台の無線ルーターでは電波の届かない範囲に、
中継用の無線ルーターを置くことで、電波の届く範囲を広げることと、
中継先の無線ルーターでも有線LANネットワークが接続できるという触れ込みです。

1

で、試しに2台のルーターを離れの中でセッティング。
無事に無線での中継を含んだ接続でインターネット接続ができることを確認できました。

最終目標は母屋2階なのですが、電波は母屋1階あたりまでしか届かないようなので、
いざ、母屋の1階に移動して、接続確認。  

繋がらないです。

DHCPでIPアドレスが貰えたり、貰えなかったり・・・・
IPアドレスを固定して接続を試みるも繋がらない。

一つ一つ原因をつぶしながら調査を進めると、
DHCPでアドレスはもらえるのに、そのDHCPサーバーにPINGが通らないことが判明。

電波強度がある程度ないと動作が不安定になるのかもという結論で、
中継用のルーターを増やすことに、
結局、母屋2階に回線を持ち上げるために、無線ルーター4台を使うことに・・・

有線LANの方が結果的に楽だったかもという経験を積ませていただきました。

カテゴリー: What's is IT? | タグ: , , | コメントする

ユーザーインターフェイス

 いつも利用させていただいている「Nice」のSNSが、今月初旬に、リニューアルされて、非常に使いやすくなったと評判を得ています。 実は、経済産業省の支援を受けていた頃のSNSを再現しようとオリジナルで開発を進めてきたのを断念して、OpenPNEというオープンソースのプログラムを利用することに切り替えるという英断がなされた結果であったと推測するのであります。

 このOpenPNEは、実はいろいろなサイトで多く使われているようで、何と言ってもその使い心地がmixiそっくりというのが特徴です。 というか、mixiを真似て作ったので当然といえば当然です。 

 つまりは、サイト内での日記の書き方や参加者同士の交流の仕方は、慣れ親しんだものというのが、おおむね好評の理由であり、好評であることは、どんどん使おうという意欲も増殖させるものらしく、「Nice」のSNSに、読みきれないほどの有用な情報が蓄積されてきております。

 先日も、twitterの2000人の壁に直面したという日記に、すかさずその理由や対処方法がコメントされ、知っていることは余さず伝えてあげようというNiceの参加者の皆さんのナイスな側面を十分に堪能させていただきました。

 「2000人の壁」とは、フォローが2000人を超えた時点で、その後フォローできる人数が、フォローされている人数の1.1倍までという制限が設けられるようになります。 つまり、フォロワー数が1818人未満の場合は、フォロー数が2000人を越えた時点でフォローができなくなります。 と解説にはありますが、実際には2002人目のフォローができないという状態になるようです。 その場合には、フォローしてくれる人が1818人より増えるのを待つしかありません。

 とは言っても、ただフォローしてくれる人を待つだけでは、何時まで待たされるかわからないので、少しフォローをしてくれる人を増やす努力が必要となります。

 自分からフォローした人すべてがリフォローしてくれれば理想的ですが、世の中そんなに都合良くは行きませんので、フォローをしてから長い時間立っている人をフォローから解除して、新しい人をフォローしていけばフォローしてくれる人を増やしていくことができるようになります。 つまり、2000人までは一方的にフォローを増やすことができますが、後々のことを考えると、フォローをいただいた人数の1.1倍ぐらいになるように、フォローをしていくのがtwitterの使い勝手なのかもしれません。

 そこで、フォローをしたけれども、リフォローをいただいていない人を効率的に見つけて、フォロー解除する必要があります。
そこで登場するのが「Niceな方々のナイスなコメント」に、

単純にフォロワーを増やすだけではアカンのですよね。
   JustUnfollow
このツールなら、フォローしていない人を1日に50人までアンフォローできます。1週間ほど経ってもフォロー返ししてくれない人は、アンフォローしていかないと、フォロワー数とフォロー数のバランスがとれなくなります。

とありましたので、ゆきひろもこのツール「JustUnfollow」を使ってみました。 とっても簡単。 いままで、他のツールを使ってアンフォローしていたのがバカらしくなって、このツールは手放せないものになりそうです。

 そうそう、1日50人に制限しているのも、アンフォローを1日に100人も200人もすると、スパム扱いになって、アカウントを停止されることを防止する意味でもちょうど良いのかも知れません。

 ユーザーインターフェースというキーワードで書き始めて、少し脱線してしまいました。 twitterの新しい画面についてもふれたかったのですが、長くなりそうなので明日以降に持ち越しさせていただきます。

 今日も応援クリックいただけると嬉しいです。人気ブログランキングへ

カテゴリー: What's is IT? | 1件のコメント

都条例ぷんすか(ω)

 数日前の「ITmedia」の記事ですが、

   3歳でブログ、9歳でTwitter 「都条例ぷんすか(ω)」のはるかぜちゃんに聞く

 という、インタビューを見かけた。 昨年12月末に、9歳の女の子によるツイートが、注目を集めたとのことであるが、どの程度の注目であったかは不明である。

 ツイッターも、好きなことを好きなようにつぶやける道具で、それをどのように使うかは利用者の手腕に委ねられる部分が大きいものだと感じています。 誰が使うにしても「何をつぶやくか」「つぶやいてはいけない内容は何か」をちゃんと理解していれば、問題はないのだろうと思います。 つまりは、書いてしまったことは、取り消すことが出来ない怖さをちゃんと知っているかどうかということなのです。

 ツイッターでのつぶやきは、そのつぶやきを削除すれば消すことも可能なように思いがちですが、デジタルデータとしてツイッター以外にコピーされると、そのコピーは消すことが難しくなります。 さらに注目されれればコピーは無限に増え続けると言っても過言で無い状態になるかもしれないのです。

 そういう怖さを、しっかりと認識して、ツイッターも使うべきなのだろうと思います。

 ただ、9歳の女の子がつぶやいたということを話題にしたいような記事の書き方ですが、芸能活動をしているということを加味すれば、ある意味事務所が書かせたのかもしれないという大人の関与もあるのかもしれませんね。 このつぶやきを話題にすることがひとつの宣伝効果だとすれば、ゆきひろもその宣伝に乗せられたひとりなのかもしれません。 

 でも、ネットから何かを情報として得られるという意味では、情報発信者が多種多様の年代に広がることは楽しいことなので、もっともっといろいろなことをつぶやいてくれると楽しいなと感じております。

 今日も応援クリックいただけると嬉しいです。人気ブログランキングへ

カテゴリー: What's is IT? | コメントする

裸でおんもを歩いたら

 先日ラジオのニュースで、東京のホテルの従業員が、お客様のプライベートをツイートして大騒ぎになったこととを、ホテルが謝罪コメントを出したことを、聴いたときには、仕事中にプライベートのネットアクセスを許していることが一番の問題点だったんだろうと、ホテル側の自業自得と感じていたものです。

 ところが、火種は思わぬところに飛び火するもので、多くの人の興味は、別の方向に向いて、ツイートした本人を特定してしまいました。 

   稲本潤一と田中美保のデート暴露炎上に見るSNSの怖さ

 記事の内容を全文引用して残しておくことに意義を感じないので、いつものような引用はいたしません。 

 要するに、ツイッターは、誰がつぶやいたかが特定されるのは当然として、そのIDや書き込み内容から、他のソーシャルメディア、たとえはmixiやFacebookのIDを辿ることで、容易に本人が特定できてしまったことが騒ぎの発端です。

 ネットへのアクセス方法が、パソコンであったり、最近では携帯であつたりと、本当に身近なツールで行なえるようになっています。 でも、ネットの世界は、自分の家の中ではないのです。 他人と接する外であることを忘れてはいけないのです。

 つまり、お家の中であれば裸で過ごそうが何の問題もないのですが、裸でおもてに出たらたいへんなことになります。 人だかりに囲まれて、さらに噂が広まってさらに人だかりが出来ているというのが現状なのかもしれません。

 残念なことは、今回のつぶやきの前にも、ホテルでの出来事をいろいろとつぶやいているようです。 友達なり、同僚なり、誰かが気がつかなかったのでしょうか? 裸で表を歩いていることを教えてあげれば、ここまで騒ぎが大きくならずに済んだはずです。

 人の噂も75日ということわざがありますが、人間は古いことを忘れていくという特技があります。 しかし、コンピュータは一度記録すると、消すという明確な命令が無い限り、忘れてくれません。 ググるといつまでもでてくる裸で歩いたことの記憶。

 だからこそ、ネットに何を情報として書いていくかを、真摯に考え続ける必要があるのだと思います。

 今日も応援クリックいただけると嬉しいです。人気ブログランキングへ

カテゴリー: What's is IT? | コメントする