格安オークションにご注意

 今朝のNHKニュースで、ペニーオークションについての報道がされていました。 見られた方も多いかと思いますが、ペニーオークションについては、いつかブログで注意勧告のため紹介しなくてはと思っていましたので、絶好の機会とさせていただきます。

  NHKニュース動画
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101228/k10013110201000.html

 NHKの動画ニュースサイトも、ページがいつまで公開されているかどうか不安なので、念のため全文引用をしておきます。

 家電製品などを格安で購入できるという触れ込みの「ペニーオークション」と呼ばれる新しいタイプのインターネットのオークションを巡って、多額の手数料を払って商品を落札できないといった相談が増えていることが分かり、専門家は注意を呼びかけています。
 ペニーオークションは、大型テレビやゲーム機など様々な製品を数百円や数千円など格安で購入できることをうたったインターネットのオークションでことしに入って急増しており、日本語に対応したものは100以上あるとみられています。 ペニーオークションは入札するたびに50円から100円程度の手数料を払う必要があり、さらに1円単位など小刻みにしか入札できないため、落札した価格が安くても、手数料だけで一般の小売店での価格より高くなる場合もあります。 国民生活センターや民間団体などには「何度参加しても商品を落札できず、高額な手数料を支払うことになった」という相談や、「運営者と連絡が取れない」といった相談がことしの春ごろから増え始め、あわせて数十件寄せられているということです。 インターネットの商取引に詳しい森亮二弁護士は「多額の手数料だけ払って何も落札できない場合もあって、オークションというよりはギャンブルに近い面もあり、利用にはそうした特性に注意する必要がある」と話しています。

 twitterのつぶやきなどでも、商品が安く購入できたと良いことだけを強調して、オークションに誘い込むものが増えてきていますので、皆さんも一度くらいは、サイトを訪れられているのではないでしょうか?

 ゆきひろも、数ヶ月前に会員登録をして、入札にも参加してみましたが、ニュースの中で、弁護士の先生が「ギャンブル性が高いと」表現されているよりももっと、落札へのハードルが高いことに気づかされました。

 逆の立場として、運営側に立ってこのシステムのあれこれを考えてみると、どのようにすれば、入札の手数料をたくさん集められるかという点にポイントが絞られてくるのです。 実際はどうかは知りませんが、入札手数料だけを集めて、商品はさくらに落札させるというサイトもあるかもしれません。

 そして、ペニーオークションサイトの増加は、オークションに参加する一般人だけではなく、ペニーオークションの主催者を食いものにするシステム業者の存在というものにも直面します。 つまり、ペニーオークションで儲けませんかと、システムを高額で売りつける業者が増えているようです。 ペニーオークションを主催すれば儲けられるかもという甘い餌にもご用心です。

 世の中、おいしそうなはなしには、罠があるということを再認識する良い機会なのだと思います。

 ブログランキング、今日も応援クリックいただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

カテゴリー: What's is IT? パーマリンク

格安オークションにご注意 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Tweets that mention 【ブログにエントリ #it_supporter 】 格安オークションにご注意 -  今朝のNHKニュースで、ペニーオークションについての報道がされていました。 見られた方も多いかと思

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>