スパムの缶詰

スパムの缶詰
 何処でどのように見つけて送りつけてくるのかも不明であるけど、このブログにも、スパムコメントが届くようになりました。 このブログにいただくコメントは、ゆきひろが承認をしないと公開されないよう設定されていますので、皆さんのお目に留まることはないというのに、ご苦労なことだと思います。 というか、このようなスパム行為は、プログラム等で自動的に処理されていていて、数打てば誰かが読んでくれるかもという意識で行なわれているものと推測されます。

 ただ、本来コメントを書いていただけるようにしている目的が、インターネットを通じてコミュニケーションの輪を広げ、自由な意見交換の場とするというものであるに対して、いただくコメントをブログの管理者が表示するかしないかを選択しなければならないというのは、さびしい限りなのであります。

 このような迷惑行為を、「スパム(spam)」と総称しているのですが、その由来は、アメリカのHormel Foodsが販売するランチョンミートの缶詰だといわれています。 モンティ・パイソンによるコメディ番組の中で、スパムを必要以上に繰り返し連呼したことが、迷惑行為の象徴と捉えられたことと伝えられています。

 缶詰は、何も悪いことをしていないのに、迷惑行為のことを「スパム」と言うように定着してしまったのは、何か気の毒な気もします。 一部では、スパムではないメールのことを、スパムに準えて”ham”(ハム)と表現することがあるようで、これはこれで「なんだかな??」と感じることでもある。

 インターネットは便利な情報発信ツールでもあるのですが、その便利さ故に、その情報を受信する人々にどのような印象を持たれるかという配慮を欠いてしまうことが多々あるようです。

 自分が発信する情報が、スパムになっていないかどうかの配慮を欠くことなく、利用させていただくことが大切なことなのかも知れません。

 ブログランキング、今日も応援クリックいただけると嬉しいです。人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31